試験について

ここでは、「試験について」 に関する記事を紹介しています。
平成20年3月22日からの記録


土地家屋調査士 ブログランキング  ←資格試験のブログランキングです。

にほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ  ←土地家屋調査士さんと調査士試験を頑張ってる方々のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日の記事で民法(迷う・・・参考書)を独り言として書きました。

ブログはモチベーション上げのために書いてますが

コメントや、メール等で、世の中には、どんだけ良い人がいるんだよ!
と思う程、親切な情報を頂きます。

メールをひらく度、液晶画面の向こう側の顔も名前もわからぬ親切な方々に
ただただ手をあわせるばかりです。

------------------------------------------------------------
土地家屋調査士の試験には、たった3問しか出ない民法ですが
3問すべて落とすとなると、、、、。困ります。

条件は、私でも理解できること。
のちに受験したい司法書士の勉強でも活用できること。。

この二つだったのですが、良い本を紹介して頂きました。

?なるほど民法〈1〉基本編 (新合格教室)
?なるほど民法〈2〉総則 (新合格教室)
?なるほど民法〈3〉物権・担保物権 (新合格教室)
?なるほど民法〈4〉債権 (新合格教室)
?新合格教室 なるほど民法〈5〉親族・相続 (新合格教室)

教えていただいた方、、本当にありがとうございました。
スポンサーサイト
勉強をはじめて、大切な所を抜粋された書籍を読んでいたのですが、色々検討して基本書を購入しました。

土地家屋調査士受験100講 1 改訂2版 理論編 (1)

紀伊國屋書店で中身を色々見たり、アマゾンで、中身検索等で調べたり。
また色々な土地家屋調査士を目指していらっしゃる方々のブログを参照したりした結果こちらにしました。

問題集は、こちらにしました。
土地家屋調査士受験100講分類別問題集 改訂版

上記基本書と連動してた方が良いだろうと思ったので・・。

民法については、先日やった感触では、そう忘れていないような気がしたので、後回しにしようかと思いますが、3問出題は大きいので、書籍については、後日買い増しをしようと思います。

------------------------------------------------------------------------
仕事帰りに書籍を購入して帰宅後。
2時間ほど目を通した感想としては、特に問題集は良く出来ていると思いました。
思い立ったら吉日の性格。

二級建築士の知識と宅建の知識があっても、しれたもの。
日々の実務の中で、悔しい思いを多々感じる今日この頃。

土地家屋調査士の試験に合格しよう!
別に開業うんぬんではなく、時間の無駄と言われようとも自分の為に頑張ってみようと思う。

という事で早速、試験の心得本と、土地家屋調査士六法を3日ほど前に買ってきた♪

こいつ↓

表示登記のための調査士専用赤六法〈2007年度版〉

土地家屋調査士短期合格必勝法法規・書式 改訂第4版

赤本の方(上方)は、なかなか見やすい。
縦書きなのが、使い慣れた横書きの建築法規と違って違和感はあるが、面白そうな予感。

合格必勝法の本の方(下方)は、とてもよくまとめてあって、これから勉強するべき事がわかりやす書いてあって方向が見えたような気がした。

民法に関しては、宅建レベルの民法の知識で間に合いそうな事が記してあるのだが、甘く見てはいけない!もう一度、一から復習してみようと思う。

関係ないけど、専門書ってやっぱり高いなぁ~~
とにかく頑張ります!
カスタム検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。